ぬんぬんカキフライとは一体何なのか…俺は知りたい…

ぬんぬんカキフライ

TopGear | main | 謹賀新年
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
NINJASLAYER -ニンジャスレイヤー-
ここはネオサイタマ
鎖国体制を敷く日本の中心地だ



ども

今回は最近知った非常に興味深い小説

NINJASLAYER -ニンジャスレイヤー-

について書いていきたいと思います


まずニンジャスレイヤーとは何なのか?

全米を震撼させているサイバーパンクニンジャ活劇小説「ニンジャスレイヤー」。
現在twitter上にて日本語翻訳版が連載されておりじわじわと人気を集めている。
翻訳チームのアナウンスによると2011年6月の時点で
推定読者数は約57万人に達していると豪語している
が定かではない。
だが実際日本で書籍が出版されれば
大ヒット間違い無しなポテンシャルを秘めている
と信じて止まないファン(ニンジャヘッズ)が狂った様に普及活動を続けている。

次々と飛んでくる狂った言葉使い勘違い日本観が特徴的。
マッポーの世で逞しく生きる登場人物達は、時に笑いを呼び、時に涙を誘う・・。

(ニンジャスレイヤー@WIKIhttp://www10.atwiki.jp/njslyr/より)

え?

サイバーパンクニンジャ活劇小説じゃわかりにくいですかね?

そのような方もいると思ったので

実際にTwitterに投稿された文章とファンサイトのURLを貼りますね

ニンジャスレイヤー第一話「ネオサイタマ炎上」より
「ゼロ・トレラント・サンスイ」

(これまでのあらすじ) ソウカイ・ニンジャズの手練れ、ミニットマンとイクエイション。ニンジャスレイヤーを待ち伏せた二人のうち、イクエイションは真っ二つにされて絶命した。しかしミニットマンはパートナーの死と引き換えに、ニンジャスレイヤーの正体に迫るチャンスを掴んだのだ。

ぞっとするほど冷たいコンクリートの感触を全身で味わいながら、ミニットマンは十年前の「戦争」を思い出していた。

敵地の真っ只中で、彼の部隊は母体に裏切られた。
トカゲのシッポのように、捨てられたのだ。
生き残ったのは彼とイクエイションただ二人。
あのときもこうして、冷たいコンクリートに身を横たえ、じっと待ち続けていた。
そしていま、彼の横にイクエイションはいない。
ミニットマンの体を雨がしとどに濡らす。
おお。
おお、イクエイション。
しかしこの雨は天の計らいだ。
ニンジャに涙は許されぬのだから。
ミニットマンは目を閉じた。
脳裏に浮かび上がるのは、イクエイションの絶命の瞬間である。

「サヨナラ!」
イクエイションはそれだけ言うのがやっとだった。
ハラキリの時間すら与えられなかった。
ニンジャスレイヤーの無慈悲な一撃はバイオ・ケブラーでくまなく覆われたイクエイションの体を
脳天から爪先にかけて、両断したのだ。

許さぬ。そして、安らかに。
....ミニットマンは顔を上げた。
彼が生存したのは、イクエイションにすら明かさなかった秘密のジツ
「マッタキ」によるものだ。
ニンジャスレイヤーはミニットマンを死んだものと取り違え、去ったのだ。

その判断の誤りを、死をもって後悔させてやろう。
...ミニットマンは、うつ伏せの姿勢から、匍匐前進を始めた。
コンクリートに残る生体反応を辿り
目指すはニンジャスレイヤーの.....アジトである。


ニンジャスレイヤー日本語版公式ファンサイトhttp://d.hatena.ne.jp/NinjaHeads/

ファンサイトにも書かれている通り

まずはTwitter上の公式ニンジャスレイヤー・アカウントをフォローしましょう

”全てはここから始まります”だそうなので

まずはフォローから始めてみましょう

熟練のニンジャスレイヤー・ファンであるニンジャヘッズ達は

Twitterとニンジャの化学反応によって

日々の生活クオリティを向上させているそうです

早く「自分はニンジャヘッズだ」と胸を張って言えるようになりたいですね


ニコニコ動画でニンジャヘッズ達が動画を投稿しているようです



こちらの動画はCivilization4というゲームの動画で有名な

スパ帝さんの小説朗読動画です


ニンジャスレイヤー第1部「ネオサイタマ炎上」収録エピソードの

「メナス・オブ・ダークニンジャ」
の朗読ですね

私がニンジャスレイヤーに興味を持ったきっかけがスパ帝さんのツイートでした

ニンジャスレイヤーの動画を投稿されたのを知って

速攻で見ましたね〜 お勧めの動画です

ニンジャスレイヤー動画は現状(12月25日現在)20に満たない数しか動画もないので

これからドンドン開拓されていくジャンルになっていくでしょうね


さて

今回も個人的に面白いと思ったことについての記事でした

また次回もこのような形で紹介できればと思っています


では

今回はこの辺で
スポンサーサイト
| 未分類 | 15:00 | トラックバック:0 | コメント:0
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://wwwzuotengwww.blog.fc2.com/tb.php/47-78d3d0ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

プロフィール

wwwzuotengwww

Author:wwwzuotengwww
ツイッターも同じ名前でやってます。
ゲーム、動画、漫画、料理、PC、実用書、音楽、映画 等等に興味が有ります。

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
累計閲覧者

バナー

PS3全般・攻略ブログ CODMW2・攻略ブログ Call of Duty 4・攻略ブログ

Twitter
配信
検索フォーム

リンク
QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。